疲れ目に効くサプリランキング@おすすめはどれ?

疲れ目の回復にサプリがおすすめ!

現代病の一つと言われている「疲れ目」。パソコンやスマートフォンの長時間使用や寝不足やストレスで…、

 

・目が乾いてゴロゴロ
・ピントが合わない
・肩こりや頭痛
・目が疲れやすい

 

などの症状は日常生活に悪影響をもたらします。作業中の適度な休憩はもちろん、ストレッチやマッサージもリフレッシュにはなりますが、それも一時的なもの。そんな時は体の中から取り入れるサプリがおすすめ。その中でも目の働きを高める・眼精疲労を予防する効果があるとされている「アントシアニン」に注目!ポリフェノールの一種で抗酸化力が非常に強く紫外線などのダメージから守ってくれる働きがあります。そんな「アントシアニン」が手軽に効果的に摂取できるサプリをご紹介致します。

 

めなりの特徴

めなりは、特許取得のビルベリー100%のサプリです。普通のブルーベリーに比べてアントシアニンが約5倍、吸収率が203%、持続力が2.5倍!紫外線のブロックにも有効なルテイン,ゼアキサンチンと同時摂取でルテインの吸収率は179%UP!しかもビタミン・ミネラルも9種類配合されているので一度に簡単に摂取出来る事が出来ます。子供からお年寄りまで幅広く摂取出来るのでぜひご家族みんなでお試しください。

価格 907円
評価 評価5
備考 ビルベリー100%

 

ルックルックベリーの特徴

ルックルックベリーはアサイーも配合されたサプリです。アサイーはスーパーフルーツとも呼ばれており今世界中で注目されているフルーツです。栄養価がとても高いので目だけでなく体のあらゆる部分にとても効果的です。たった2粒にビルベリー・アサイー共に100rも入っており毎日気軽に摂取する事が出来ます。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 ビルベリー・アサイー100r

 

大正ブルーベリーの特徴

大正ブルーベリーは製薬会社として品質にこだわったサプリです。天然の野生種ビルベリーだけを使用してしており、その中でも無農薬のビルベリーだけを厳選して使用しています。女性やお年寄りも飲みやすいようにソフトカプセルになっており栄養素の品質を損なわないように、アルミの個別包装をしており持ち運びがしやすくなっています。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 野生種ビルベリーだけを使用

 

疲れ目に効く栄養成分は?

 

いまや、疲れ目にはブルーベリーと相場が決まっていますが、もちろんブルーベリーが日本で話題になる前から疲れ目に対処する栄養成分はありました。例えば、ビタミンAが不足すると目にも影響が出てくるのは有名ですが、ビタミンB群が不足するのも目に良くないとはあまり知られていません。

 

ビタミンで疲れ目をサポート

 

視神経の働きに大きく関わっているビタミンB1とビタミンB2は、疲れ目の予防には欠かせない成分です。特に多く含んでいる食品が、豚肉やレンコン、サバ、玄米など。食べるときによく噛むことも、目のまわりの筋肉を鍛えてくれます。納豆や卵、海苔にも多いビタミンB2は、網膜の機能を助けます。そのため、充血を解消するにも役立つでしょう。

 

目の調節をするのが、水晶体と毛様大筋。その主成分はたんぱく質ですが、たんぱく質を吸収させるためにビタミンB6が必要です。多く含まれている、大豆や牛乳、鮭、サバなどを積極的にとりましょう。

 

疲れ目やかすみをサポートしてくれるのが、ビタミンA。油溶性のビタミンですから過剰摂取による蓄積には注意したいところ、通常の食生活をしていれば極端に不足することはありません。

 

ルテイン

 

人の体では目の網膜に含まれるカロテノイドの一種がルテインです。植物ではマリーゴールドに多く含まれるのがよく知られていますが、人体では活性酸素除去作用も発揮してくれます。つまり目の酸化からくる老化を防いでくれるので、食事からもとっておくといいでしょう。緑黄色野菜の中でも、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれています。

 

ブルーベリー

 

ブルーベリーにはアントシアニンという色素成分が多く含まれ、これが活性酸素除去作用を発揮します。ルテインと同じような役割があることから、積極的にとっておくといいでしょう。ブルーベリーの中でも、野生種のビルベリーにアントシアニンの含有量が高いとされています。アサイーやエルダーベリー、カシス、マキベリーなどのベリー類も、濃い色素成分がアントシアニンを多く含んでいる証拠です。

 

現代人は疲れ目になりやすい?

 

人工的な照明は少なかった昔に比べれば、昼でも夜でも電気をつければ照明が灯るようになった現代は、目にやさしい時代ともいえそうです。暗いところで物を見ると目が悪くなると注意されるように、いつでも明るい照明の下で過ごせるようになった現代では、目が悪くなる人が少なくてもいいはずです。

 

しかし実際には、視力を低下させる人が多数。子供の頃からメガネをかけて、コンタクトレンズがないと日常生活すらままならないという人もたくさんいます。特に多くなっているのが疲れ目、ここではなぜ現代人の目が疲れやすくなっているのかについてお話しましょう。

 

PCやスマートフォンの普及

 

一般に普及し始めてから瞬く間に広まったのが、PCやスマートフォンです。これらのデジタル機器なしには生きていけないという人も多いほど、人々は依存しています。確かに、情報は何でも得られ、遊びも仕事も日常生活の雑用も何でもサポートしてくれるのがパソコンやスマートフォンのいいところ。

 

ただ、デジタル機器から受ける光線の一種、ブルーライトは瞳の奥底にまで届くとされ、太陽光線を直接見上げるほどに有害だとする説もあります。確かに、PCなどを長時間使っていると、目が疲れるのは事実。しかも、ついつい長時間使ってしまうツールであるのが、現代人の目を疲れさせています。

 

食生活のかたより

 

現代人は、食事からとる栄養バランスが悪くなっているといいます。昔ほど魚を食べなくなった日本人も、魚油に含まれるDHAやEPAの不足に厚生労働省が危機感を感じているほど。栄養にかたよりがあると、体内への吸収力やめぐりにも影響が出てきます。

 

さらに、紫外線やストレス、喫煙などで日々大量の活性酸素を発生させている現代人には、活性酸素除去作用を持つポリフェノールが不足。このため、疲れ目はますます解消しにくくなるのです。

更新履歴